なぜリピーターづくりが
重要なのか

リピーターに効率よく情報を届け、お店のファンを育成するおみせコネクト。
なぜ、新規集客よりもリピーターづくりにフォーカスするのかをご説明します。

リピーター獲得が、コストを抑えて
安定した売上を上げる近道

近年ではグルメサイトや美容サイトの定着により、新規のお客様が増加傾向にあると言われています。しかし、同時に常連になってもらえる仕組みをつくっておかなければ、初回の来店で終わってしまう可能性が高く、店舗の売上が不安定になってしまうことが課題とされています。

新規顧客獲得のコストは、
リピーター獲得のコストの3~5倍

また新規顧客獲得のコストは、リピーター獲得のコストの3~5倍ほどかかると言われています。つまり、コストをかけるのであれば、既存顧客向けにコストを掛けたほうが収益につながりやすいということになります。「リピート客数」を増やし、そのリピート客の「リピート頻度」を上げて常連化してもらうことが、コストを抑えて安定した売上を上げる近道なのです。

獲得コストイラスト

2割の優良な顧客が
8割の売上に貢献してくれている

マーケティングの世界においてお店の売上の8割は、2割の優良なリピーター顧客によってもたらされているという定説があります。(『パレートの法則(2:8の法則)』)「リピーターほど1回の購入単価が高かったり、お友だちを連れてきてくれたりと店舗の売上げに貢献してくれている」と実際に体感しているオーナー様、社長様も多いのではないでしょうか。

2割の優良な顧客が8割の売上イラスト

リピーターを増やすための
アプローチが集客のサイクルを生み出す

店舗売り上げを大きくアップさせる「リピーター」を生み出していくには顧客を、「優良顧客(リピーター)」「優良顧客予備軍」「新規客」の3種類に別けて考え、それぞれへのアプローチ方法を変えることが効果的です。一見お客様を差別しているように感じてしまうかもしれませんが、全ての顧客向けに一様な販促を行うよりも、はるかに効率よく高い効果を得ることが出来ます。

リピーターを増やすためのアプローチイラスト
リピーターを増やすためのアプローチイラスト

効果的なアプローチができれば、優良顧客の継続利用を促し、来店頻度を保つことができる可能性が上がるだけではなく、優良顧客予備軍を優良顧客に育成することにも繋がります。優良顧客は、SNSや口コミでお店の紹介をしてくれて、新しい新規顧客を呼び込んでくれるようにもなります。つまり新規顧客獲得のための広告コストをかけなくても、集客のサイクルができることになるのでより多く優良顧客(リピーター)の獲得が重要となります。

おみせコネクトの機能をもっと知る

ご質問・ご相談はコチラまで